はじめての交通事故!! 
そんなとき千葉の交通事故治療チーム「極」が
交通事故解決へお手伝い

《 千葉で交通事故治療専門 特化した整骨院/病院 》

交通事故の治療前

無料アドバイス

交通事故専門の顧問弁護士による

手続き&交渉 ワンストップサービス

自己負担は0円

※自賠責保険適応時

お見舞いポイント発生(5000円相当)

ツクツクポータルサイト経由で。



 交通事故治療による首の痛み どうしたらいい?

交通事故につきものなのが“むちうち”と呼ばれる首の痛みです。


** むちうちとは? **

むちうちとは、大きな衝撃で頚椎に負担がかかり、

それによって関節周囲の筋肉や靭帯が損傷し、

首の痛みや頭痛などの症状が生じることです。

交通事故やスポーツが原因であることが多いです。

多くの場合、首に前後の衝撃を受け、

鞭のようにしなる様子からむちうちと呼ばれます。

例えば、後方車に追突された時に、

体がシートベルトで固定されていると頭が前に振られます。

前に振られたことにより、

首が前後にしなり頚椎の関節に衝撃が加わります。

このような状況の時にむちうちになるのです。

むちうちは通称で、

正式には「頚椎捻挫(けいついねんざ)」

「頚部挫傷(けいぶざしょう)」などと呼ばれます。




 治療にかかる費用は誰が支払うの?

はじめて交通事故に遭った時、

治療費は通院する際の大きな不安要素だと思います。

人身事故であれば、基本的に加害者の保険会社が治療費を払います。

つまり被害者であるご自身は支払いする必要はありません。

加害者が自賠責保険のみ加入している場合

被害者1人につき120万円が交通事故において

治療費を含めた損害賠償の限度額になります。

原則的には被害者が治療費を立て替え、

示談交渉の時に一括請求をすることになっています。


千葉優良 交通事故チーム「極」では、

顧問弁護士の指導のもと、様々な対応が可能です。

まずはご相談ください。

加害者が任意保険にも加入している場合

自賠責保険の限度額120万円を超えたとしても、

任意保険で補って頂けます。



加害者側の保険会社に

「大森台のあしたば整骨院へ通院するのでお支払いをお願いします」

とお伝え頂き、電話番号【043-266-1615】

を伝えて頂ければ通院準備完了です。




交通事故による被害者が受けた損害を”最低限”保障することを目的とした保険で、国が運営を行っています。

運転者のすべてに対して加入の義務があるため、強制保険と呼ばれたりもします。

ちなみに自賠責保険の120万円には治療費だけでなく、

事故にまつわる全ての必要費用を120万円で支払いするため、治療に120万円使えるわけではありません。



文字通り運転者が任意で入る保険です。

任意で加入する保険となっていますが、

自賠責保険でカバーできない部分を補償してくれるため、運転者のほとんどが加入しています。

各保険会社と契約内容によって、保険金や補償などが異なります。





 痛くないけど医療機関で診てもらうべき理由とは?

軽い追突事故の場合、ぶつかった直後は全く痛くない。という場合があります。

この場合は「まぁ、平気か」といって放置するケースが多々あります。

しかし後々のために医療機関への受診は必須です。

後から痛くなっても、医療機関に行かないで過ごしてしまうと、

事故との因果関係を証明できず自費での治療となってしまいます。

交通事故に遭って、さらに治療費も自分持ちなんて辛いですよね。。。

医師(病院)と整骨院はアプローチが違います。

医師は基本的に検査をするのが重要なお仕事です。

交通事故の被害者さんを診察しレントゲンやCT、MRIなどの画像診断を行い、

結果を報告する診断書を発行するのが一番の役割といっても過言ではありません。

では治療は?というと、投薬(お薬出しますね)で様子をみます。

これで改善しないならば物理療法という名のリハビリを行い場合もありますが、

ほとんどの場合、被害者さんの満足いく治療は行われないのが現状です。

しかし、これにも理由があって医師は大勢の患者さんを短時間で診断し処置しなくてはいけないという時間制約があります。

そして医師は手術が必要な重症の患者さまを優先しなくてはならないのです。

病院に多くを求めるのは難しいと言わざるを得ないのです。

その点、整骨院ではきめ細かい施術をする場合が多いです。

特に交通事故チーム「極」では問診から治療/施術まで

交通事故の症状を改善する知識と手技の技術をもった専門の施術者が揃っています。


優秀な施術を受ける事が、からだにとって最も良いのは言うまでもありません。

せっかくの治療するのですから、積極的によりよい治療を受ける環境づくりをお勧め致します。


交通事故に遭った場合に必ず連絡するべきなのは




** 警察 **

→当事者のみで示談交渉などを行うと、

後々トラブルの元となります。

** ご自身の加入している損害保険の代理店 **

→保険に入るときや更新のときに

対面する営業の方へ連絡するのが一番良いです。

保険会社そのものにかけるよりも、

日頃からお付き合いのある代理店さんの方が

親身になって相談に乗ってくれます。

加入者さんが有利になるよう手を尽くしてくれるのも

代理店さんです。

** 医療機関/病院 **

→必ずどこかの医療機関/びよは受診しましょう。

何ともないように見えても

体は必ず衝撃に見合ったダメージを受けています。

特に不意を突かれた追突事故の場合、

衝撃は少なくても症状が重くなる傾向があります。