なんかしらん教 no.2

配信日: 2017-06-19 06:48:23


新興)宗教の人は、
それが「いいこと」だと信じているから、そうしています。
企業の人も、そのほかの活動の人も同様です。

ジャンクフードだとか
食品添加物だとか
過激な雑誌とか
人を中毒にさせるゲームとか
タバコとかお酒とか

世の中で「わるい」とされているもの
みんな一緒です。


そして、それを止める人は、
その行為を「悪いことだと信じている」
から止めようとします。

それが、自分にとって
「都合が悪い」だけなのです。
もっと「普通に」という「ふつう」を信じている、
「ふつう教の信者」なのです。

そして、

「ふつう」であることを人に強要し、
「ふつう」でないひとを責め
「ふつう教」に入信するよう強要し、

「ふつう教」の教えつまり
「きちんと、常識的に、礼儀正しく、波風立たずに目立たずに」
を乱すものを徹底糾明し、

「ふつう」にできないものを悲しみのどん底に落とし
「ふつう」でいられない人を、時には死に追いやるのです。

やってることは
もっとひどいわけです。



新興宗教のことを責めるのはカンタンです。

「わたしは、正しい」
「わたしが、ふつう」

という、この考え方が
戦争を巻き起こしていることを
知ってほしいのです。

彼らから見れば
「ふつう教」のひとの方が怖いのです。

集団で迫ってくるのです。
教義を押し付けるのです。
糾弾しようとするのです。


・・・・とはいえ、
そうする「ふつう教」のひとも

それが「いい」と思ってやっています。
宗教の人も、それが「いい」と思ってやっているのです。

見守って
あげてください。

「あなたから」不幸に見えても
「あのひとにとっては」幸せなのです。

それを糾弾する権利は
誰にも、ないのです。


そしてなにより
「何かを信仰し、なにかを盲信している、あの人の姿」は

「ふつうが正しい」
「自分が正しいと思うものが正しい」と信じて疑わない、

「そのためになら何でもする」

「普通にしてないと恐ろしいことが起きるのよ」と

ふつう教を広めようとしている、
ふつう教が正しい、唯一と
信じ込んでいる自分の姿なのです。


ショップ名 魔法のコミュニケーション塾
ショップページURL
おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!」店
https://tsuku2.jp/communication
姉妹サイト「コムピータウン」店
https://www.compy-town.jp/communication
サイト運営責任者 大塚 明美
〒275-0001
千葉県習志野市習志野
【ご連絡先】akemi4978@icloud.com

販売事業者名 魔法のコミュニケーション認定協会 会長 大塚 明美
サイト運営担当者 魔法のコミュニケーション認定協会 会長 大塚 明美