クリスマスにちょっぴり心が温まるお話

配信日: 2019-12-24 17:45:29


こんばんは、ケニーです。
ご機嫌いかがですか?


今日はクリスマスイブですので
クリスマスにまつわる
ちょっぴり心が温まるお話をお届けします(^^)



■と、その前に、、、


先日

【初心者のためのコピーライティング講座】をズームで開催しました。

参加された方から、とても嬉しい感想をいただきましたので、ご紹介しますね。

=====
ケニーさん

コピーライティング講座、ありがとうございました!

まず、自分アピールのみの伝わらない文の癖に気づけたこと。

そして、それをどうしたら良いか方法があること。

それが今日の講座で得た大きなポイントでした。

自分の言葉、自分の文と向き合い深掘りする事で伝わるものがでてくるのですね。

あなたのメリット、そしてリサーチ、秘訣によって、興味を持っていただき、もっと読みたくなる文を作ることを、作れている自分を、想像すると楽しくなります!

わかりやすく情報がギュっと詰まった心地よい講座でした。

個別対応の時間もあり、ありがたかったです。

本当にありがとうございます!

束田尚代
(ヒーリングサロンすぺえす郷代表)


=====

■尚代さん、お役に立てて良かったです!
心地良い講座と言っていただいたことも、嬉しかったですー!
ありがとうございました!




■さてさて、今日のテーマです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<今日のテーマ>

【クリスマスにちょっぴり心が温まるお話】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■以前アメリカのスターバックスで
聞いたお話です。



日本では珍しいかもしれませんが、
アメリカのスターバックスには、
ドライブスルーがあります。



ある朝、
男性がいつものように
ドライブスルーに入り、
コーヒーを注文しました。


お金を支払おうとすると、
店員が不思議なことを言いました。



「お代はいらないです」



え?



「実は前の方が、お支払いになりました」



ええ!?


なぜ??



「今日はクリスマスだから、ということでした」




・・・そっか



「それでは、私も、次の方の分をお支払いさせてください」



その日、そのスターバックスでは、
次の人のために支払う車が
夜まで続いた。




■いかがでしたか?


英語にこんな表現があります。


Pay it forward.


つまり、
受けた恩を誰かに受け渡そう、
ということです。



日本には「恩返し」という
素敵な表現がありますね。


これは、受けた恩を
恩をくれた相手に直接返すことですね。


とても大切なことで
僕もなるべく恩返しできる
人間でいたいと思います。



でも、意外と恩をくれた人が
近くにいなかったり、
あるいはもうこの世に
いなかったりする場合があります。



一方、Pay it forwardは
受けた恩を、他の誰かに受け渡すことです。


もし日本語にするなら

「恩渡し」

とか

「恩送り」

とでも言いましょうか。



これであれば、
手軽に実践できますね。
誰でもいいのですから。



恩を受けた人も、
恩を受け渡した人もハッピーになるから
世界はもっとハッピーになりますね。



メリークリスマス。


ケニー

ps 映画「ペイ・フォワード」をまだ見ていなければ
是非どうぞ。心が震える映画です。


pps 2020年も「初心者向けの売れるコピーライティング講座」を開催します。

1月からロケットスタートを切りたい方、是非ご参加くださいね。今までの「ただ伝える文章から、「伝わる文章」に変わります。

伝われば、お客様の心は、動きますよ。

お申し込みはこちらからどうぞ。

https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=01120276956002


クムクム代理店の方はこちらからどうぞ

https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=21173130200509


ショップ名 動画制作とコピーライティングのライジングサン映像
ショップページURL
おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」店
https://tsuku2.jp/risingsun
サイト運営責任者 株式会社ライジングサン映像
〒279-0013
千葉県浦安市日の出
【ご連絡先】stagnesseve@gmail.com


販売事業者名 株式会社ライジングサン映像
サイト運営担当者 川端 謙一(ケニー川端)