うちの神さん第70号

配信日: 2019-04-01 08:49:46


皆さま
こんにちは
二條隆時です。

桜の開花宣言があり、彌々満開を迎え、在五中将の名歌

『世の中に たえて桜の なかりせば 春の心の のどけからまし』

と云う時を迎えましたが、如何お過ごしでしょうか?
私は、相変わらず茫洋の性格が功を奏してか、息災に過ごさせていただいております。
全般の氏神の護りセッションでは、また沢山お出ましくださり、心から感謝しております。これからも、お時がございましたら、ご参加賜りますようお願いします。

さて、あとひと月で平成の御代も終わり、本日は新しい元号も発表されます。今回は平成の御代について、少しお話しさせていただきたいと思います。

今上陛下(譲位されると平成天皇となられます)は
大東亜戦争を経験され、日光に疎開された経験もある天皇陛下です。
ご自身は、産まれながら皇太子として、80有余年、国と国民のためだけに、
御身を捧げてこられた方です。
戦争経験と、地震などの天災を何度も受けられて、その都度、国民の側に立たれて、心を痛まれ、被災や被害にあった方々に寄り添い、その人達の声に耳を傾けてこられました。
私の知っている限り、斯様な事跡を残された天皇様は、歴史上お一人もおわさず、昭和天皇様と並ばれて、まさに聖君と讃えられておかしく無い存在です。
そして、膝を付かれて、我々国民と視線を同じくされた、初めての天皇陛下であられました。阪神淡路大震災の避難所に、被災一週間後には皇后様と訪われて、体育館で茫然自失している被災者の方々に、御自ら寄り添われ、膝をついて、お一人お一人慰撫されて行かれました。
北海道の地震でも
東北の地震でも、
新潟の地震でも、
そのスタンスを貫かれ、大東亜戦争で虚しくなられ、散られた御英霊や国民に、行幸(天皇陛下が他出する時の言葉)先で、深々と哀悼の拝礼をされ…。
私たちは、常に、天皇陛下 皇后陛下に、思われている事を忘れてはいけないと思います。
御代が変わるひと月前に、今一度、この御代のことを考えましょう。
そして、新しい御代には今上陛下のお言葉にあるように、平和で心豊かな生き方を志しましょう。

次回は、
三種の神器についてお話しさせていただきます。


〜お知らせ〜

◇氏神さまの護りセッション
ご自身の氏神様を知ることで、生きる意味、嫁いだ意味など今悩みの根源がスッキリして前向きに生きられる。そんな「氏神さまの護り」セッションです。
この機会にぜひ、ご自身の氏神さまについて学びませんか?二條家に伝わる今年の卦も一緒にお伝えいたします。

4月21日(日)13時〜、15時〜、17時〜、19時〜、
4月22日(月)13時〜、15時〜、17時〜、19時〜、

所要時間:90分 セッション料金:20000円
お申し込み:https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=01019623511880

◇祐気取り
「天や神様や大地が人を助けてくれる根源的なエネルギー」という意味の『祐気』。一年に一度、その『祐気』を取るための算出、メッセージ付きでお伝えします。
算出料:2500円
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=10103812322109


ショップ名 香道 桜月流 家元 二條隆時オフィシャルサイト
ショップページURL
おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」店
https://tsuku2.jp/nijo
サイト運営責任者 Remeny
〒145-0066
東京都大田区雪谷
【ご連絡先】remeny96tara@gmail.com

販売事業者名 Remeny
サイト運営担当者 滝澤みゆき