あしたば整骨院/千葉/頭痛、むちうち、交通事故の治療/千葉市中央区16年の実績

頭痛にならない取り組みとは?

配信日: 2018-08-23 13:44:47


頭痛持ちの人は生涯、頭痛に悩まされるのでしょうか?
答えは「NO」です。

しかし条件があります。
からだを良い位置にキープすることが必要です。
そして定期的なメンテナンスが必須です。

努力なしに頭痛の改善は成し得ないのです。

頭痛の発症は女性が多く、しかも若いうちから頭痛持ちというケースが少なくありません。
理由としては女性は男性に比べて、
①関節が柔らかいためズレやすい。
②筋力が弱いため関節を支えにくい。

と、いったことが考えられます。

このため一般の整骨院や病院などでは筋力アップをアドバイスされる事が多いようです。
これは根本改善ではなく、あくまで補助的なアプローチです。

本当に必要な改善方法は2つになります。

①頭痛を改善するための方法を行う。
②頭痛ならないための情報を理解する。

①頭痛を改善するための方法を行う。
頭痛を解消するのは、知識と技術が必要なため専門家に任せましょう。
関節のズレを自力で解消するのはほぼ不可能です。
なぜならば「頭痛を自力で治す」といった書籍が本屋にはたくさん並んでいますが、
実際に改善できた人はほんの一握りです。

②頭痛にならないための情報を理解する。
こちらは自力で行うべきものです。
頭痛が起きるのは関節のズレである。
そして関節のズレが起きるのは姿勢などの生活習慣によるところが大きい。

そのためよい姿勢を意識することで頭痛の原因となる関節のズレを予防することができます。

★姿勢が整う意識の方法★
関節がズレる姿勢は椅子に座っている時が最も多く、痛みも感じないので意識されにくい。
一番簡単な方法は髪の毛を一本上に引っ張られているようなイメージで座ってみてください。背筋が伸びて骨盤が立つのが感じられます。
このとき背骨が生理的湾曲近い形で、関節のズレは最小限度になります。
逆に姿勢を良くしようとするあまり、力を入れすぎると関節に圧力がかかってしまい、痛める危険性があります。自然体で少しだけ上に引っ張られているイメージが大事です。

これだけでも続けると、姿勢がキープされます。
頭痛にならない関節位置であるなら、かなり長期間良い状態を維持できるでしょう。


ショップ名 あしたば整骨院/千葉/頭痛、むちうち、交通事故の治療/千葉市中央区16年の実績
ショップページURL
おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!」店
https://tsuku2.jp/ashitaba
姉妹サイト「コムピータウン」店
https://www.compy-town.jp/ashitaba
サイト運営責任者 久保忠臣
〒260-0811
千葉県千葉市中央区大森町464−23
【ご連絡先】yoshiekubo1109@gmail.com


販売事業者名 久保忠臣
サイト運営担当者 久保忠臣