あの坂へいそげ〜奥尻島地震津波の経験を生かして〜


あの坂へいそげ〜奥尻島地震津波の経験を生かして〜

あの坂へいそげ。

ほんの少しの違いで、助かった人とそうでない人が別れた。ほんの少しの違いで。
北海道奥尻島地震、阪神淡路大震災、新潟県中越地震、スマトラ沖地震、東日本大震災、熊本地震
高校生の頃、真夜中に上半身裸で祖父を背負い、祖母の手を引いて、迫りくる波から逃れた。
「そんなこともあったね」と、風化してしまわないように。

はじめまして。地震津波を経験した、三浦浩(みうらひろし)と申します。
あの時の経験が少しでも役に立ちますように。と、全国を周りながら講演活動をしています。


ショッピング
あの坂へいそげ【紙芝居小冊子】
540|16pt.
ショッピング
あの坂へいそげ【絵本】
1,296|39pt.

あの日、島中がそろそろ眠りに就こうとしていた頃、突然震度6の烈震と大津波が襲った。

「島が沈む。本当にそう思った。もの凄い揺れで、四つん這いにもなれない。
地震からわずか。津波が発生し、地震発生3分後には10メートルの波が時速500キロの速さで襲ってきて・・・。」
波は最大で30メートルにも達していました。

当時高校生だった私は、とっさに「地震があったら、1人でも高台へ逃げろ!」という祖父母の言葉を思い出しました。
夏の夜、寝ようとしていましたから、上半身裸で足の悪い祖父を背負い、祖母の手を引いて無我夢中で逃げました。

後ろに津波が押し寄せ、人も、家も、根こそぎのみ込まれてしまって。
あと一歩。本当にあと一歩遅れていたら、流されていたかもしれません。
地震がおさまってから3分後には津波は足元にまで達していました。

記憶にも新しい、2011年3月11日《東日本大震災》
奥尻と同じ、地震・津波の複合災害で壊滅的な被害、犠牲を出しました。
地震列島に生きながら、これまでの地震から教訓を学び取り、防災に生かしきれなかったことは明らかです。


1つでも、救える命があったかもしれない。

あの時『地震があったら、1人でも高台へ逃げろ!』という祖父からの言葉が、
私たちの命を救ったように。

私は、地震の経験から町の消防職員として活動していましたが、
この東日本大震災での防災・避難意識の低さに危機感を覚えて結成された《奥尻島津波語りべ隊》に加わりました。
体験を紙芝居にして、迅速な避難こそが生き延びる道だと、幼児にも分かるように伝えています。
また、震災の体験談と防災訓練を組み合わせた修学旅行の誘致プランをつくり、島外で出前講座も行っています。

体験者の話に耳を傾ける機会を積極的に後押しし、奥尻の経験を次世代に繋げていく必要があるのです。

語りべ隊:三浦浩の決意
https://youtu.be/Xhl40HLTjJ4
語りべ隊:EXILE TRIBE男旅
https://youtu.be/7oWwN3f3ukQ

11月5日は《世界津波の日、津波防災の日》だということをご存知ですか?
ほんの一瞬の、迅速な正しい判断。
地震・津波が来てからでは遅すぎる。
「大丈夫だろう」は、ないんです。
津波にのみ込まれていい命はないのです。


絵本《あの坂へいそげ》
「自らの経験を絵本にすることによって、詳しく伝えられるんじゃないかー。」
小さな子どもにも分かりやすいように、状況も含め、いざというときに役立てるように。
大人にこそ読んでほしい。大人がしっかり覚えておいて、声を上げて避難できるように。みんなで命を守っていけるように。
「怖かった、大変だった」を伝えたい訳じゃない。
しっかりとした知識と行動を伝えるために作りました。
もう二度とあってほしくはないけれど、日本にいる限り、いや、地球にいる限り避けては通れませんから。

内陸にお住みの方も他人事ではありません。
土砂崩れや川の氾濫、地盤沈下もあります。
早期避難の重要性は、誰にでもどこにでもあるのです。

あの坂へいそげ《絵本》
https://tsuku2.jp/ec/viewDetail.php?itemCd=54610617030520
文芸社 絵:高橋毅 文:三浦浩 1,296円 

あの坂へいそげ《紙芝居小冊子》
https://tsuku2.jp/ec/viewDetail.php?itemCd=20105404216701
絵・文:三浦浩 540円

ご覧になってみてください。


この経験を全国の人へ伝えるために。
守れる命は必ず守るために、私は語り、活動し続けます。


***** 東北支援者 *****

□くるみボタンアーティスト tomoCoさん
彼女は東日本大震災の被災者です。その辛い経験をきっかけに、東北や熊本支援活動をスタートしました。
きれいでかわいくて、素敵なHPを是非ご覧ください。
smile buttons様 https://tsuku2.jp/Smilebuttons

□世界一幸せな講演家 古市佳央さん
古市さんが主催する『サムライ講演会』の予選に出場させて頂きました。
何度も被災地に足を運び、支援をしていらっしゃいます。
世界一幸せな講演家 古市佳央ネットショップ様 https://tsuku2.jp/furuichi

** ** ** ** ** ** **


あの坂へいそげ〜奥尻島地震津波の経験を生かして〜 三浦浩(みうらひろし)

ショップ名 あの坂へいそげ〜奥尻島地震津波の経験を生かして〜
ショップページ
おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!」店
https://tsuku2.jp/tsunami
サイト運営責任者 三浦 浩
〒069-1511
北海道夕張郡栗山町中央3-13-1
【ご連絡先】tsunami_kataribe@outlook.jp

販売事業者名 三浦 浩
サイト運営担当者 三浦 浩
商品代金以外の必要料金 送料・銀行振込手数料・代引き手数料
注文の受け付け方法 ショッピングカートによるオンライン注文
商品代金のお支払い時期 【クレジットカード決済】:ご注文完了時 【銀行振り込み】:ご注文完了後
商品の引き渡し時期 商品により変動いたします。商品画面に記載しております。
返品・交換について 未開封品に限り7日間受け付けいたします。
資格・免許 防災士、潜水士 消防設備士(消火器)乙種第6類 危険物取扱者 乙種第4類 消防設備点検資格者 防災介助士、地域防災マスター
当店へのお問い合わせ ショップへお問い合わせ頂くにはツクツク!!にサインインして頂く必要がございます。