博士のエゴマ®えごまはかせのえごま茶


博士のエゴマ®えごまはかせのえごま茶

東京都八王子産 博士のエゴマ®無農薬えごま葉健康茶 
『ちょといっぷく、美味しい博士のエゴマ®︎えごま茶で体質改善を!』
えごまは地方名に「ジュウネン」(食べると十年長生きする)と言われています。シソ科のえごまの葉をお茶にし(ノンカフェイン)ティーバッグにして通販をしています。このお茶はポリフェノールの一種であるロズマリン酸を多く含有し、強い抗酸化作用、自然免疫活性、利尿作用などがあります。エゴマ茶を毎日飲み続けることで生活習慣病の改善や美肌を維持する一助に、健康増進にお役立てください。



         3か月以上 「博士のエゴマ茶」を飲んだ方からの報告 「博士のエゴマ」は商標登録取得済です。

1.シソの香りがして美味しい(若い女性)。
2.おしっこの出が悪い人から出がよくなった(70歳男性)。
3.足のぬくみがとれた(70歳男性、80歳女性)。
4.ヘモグロビンA1C値が下がった(60歳女性、70代男性)。
5.中性脂肪が下がった(70歳代、女性)。
6.便秘がよくなった(60歳代女性)。
7.風邪をひかなくなった(70歳代男性)。
8.飲んでいると精神的に楽になる(50歳代女性)。
9.高血圧が下がった(60歳女性)。
10.えごま茶に熱いお湯をそそぎ時間が経過しても味が変わらない(60歳代女性)。
11. エゴマ茶に蜂蜜をいれて飲むと美味しい( 60歳代女性)。
12.暑い日にエゴマ茶を作り氷をいれてのむと美味しい(50歳代、60歳代、70歳代男性、女性)。
13.八王子市高尾山口駅の観光案内所でのエゴマ茶などの販売が好調(お店の人の声)。
14.肌に潤いがでてきた(50歳代女性)。

 荏胡麻(えごま)葉について、参考文献や私が実験をしたデーターなどを参考にして解説すると

・荏胡麻(えごま)とは東南アジアに広く分布するシソ科植物です。

・地方名に「ジュウネン」(食べると十年長生きできる)と言われています。

・荏胡麻(えごま)葉には必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸である『αリノレン酸』が含まれており、体内(肝臓)でEPA、DHAに変わります。最近、EPAは善玉コレステロール(HDL)のパワーアップに関与していることがわかり悪玉コレステロール(LDL)〈脂)を除去して血管を再生する作用があることがわかりました。動脈硬化を防ぎます。

・エゴマ葉健康茶にはポリフエノールの一種である『ロズマリン酸』が大量に含まれております(39mg/g、 テイーバッグ1個(1.5g入り)で58.5mgに相当,日本食品分析センターで測定、2017,11月9日)。お水やアルコールに溶けます。ロズマリン酸の作用はアレルギー症状を抑える作用がありロズマリン酸50mgほどの量が効果的と言われています。

・体内に入った炭水化物は麦芽糖からブドウ糖にになりますがポリフェノール ロズマリン酸は麦芽糖から分解する酵素、マルターゼの活性を抑えブドウ糖に変化させずに麦芽糖のまま排泄されることになり糖の吸収を減らします。従って血糖値の上昇を抑制して脂肪の蓄積を予防する働きがあります。

・ポリフェノール ロズマリン酸はヒアルロニダーゼ酵素の活性を抑える効果があります。ヒアルロン酸は細胞間隙に水分を保持、皮膚の潤滑性と柔軟性を保っています。年とともに皮膚のヒアルロン酸が減少して小皺やかさつきが生じます。ロズマリン酸はヒアロニターゼ酵素を阻害してヒアルロン酸の減少を抑えます。

・ビタミンC、葉酸、ビタミンK、ビタミンE、クロロフィルや無機成分のカリウム、カルシウム、マグネシウムなどが含まれております。

・ポリフェノール ロズマリン酸には強い抗酸化作用があるため、人体の細胞に猛毒な活性酸素の発生を抑制して細胞を守り、肌のシワやシミなどの老化や癌の発生を抑える効果があると言われています。えごま葉はキャベツ、大根、トマト等の野菜に比べて70-230倍の抗酸化作用があります。

・利尿作用もあります。尿路結石などができにくくなります。

・便秘が緩和できます。

・乾燥させたエゴマ葉の試験菅内(樹立株 乳がん細胞、大腸がん細胞、腎臓癌細胞を使用)の増殖抑制試験では効果が確認されました。
・エゴマ葉の自然免疫活性を蚕を用いて調べてみました。自然免疫活性が認められました。

私は以上のようなことから荏胡麻(えごま)葉に注目して成分を壊さないように心掛け、多量のポリフェノール ロズマリン酸(1個のテイーバッグ58.5mg)を含む無農薬エゴマ葉健康茶を作成し、多くの人にご愛飲いただけるようノンカフェインのえごま葉茶のティーバッグにしました。
ぜひ長くご愛顧いただき、健康な体作りに役立てていただけたらと存じます。既に飲んで頂いてる方からはえごま葉独特の匂いや味に癖がなくて飲みやすくて美味しいと好評です。

参考文献:
1.乾燥方法や前処理条件がエゴマ葉の機能性成分含量および抗酸化活性に及ぼす影響
小川哲郎、近重克幸、荒木英稀、北川優、勝部拓矢、太田ゆかり、山崎幸一、橋本道男、東敬子 日本食品科学工学会誌 第63巻 2016(5)、217-224 
2. 片シソ飲料に含まれるロズマリン酸の定量                
及川和志 藤田清 岩手県工業技術センター研究報告  第15号 (2008)
3.エゴマの成分と加工利用時の成分変動
吉村幸江 伊藤 茂 愛知農総試研報35:103−108(2003)
4.Activation of the silkworm cytokine by bacterial and fungal cell wall components via a reactive oxygen species mechanism. Ishii K., Hamamoto H., Kamimura M. and Sekimizu K. J. Biol. Chem., 283,2185-2191 (2008)
5.乾燥エゴマの葉由来オートクレーブ熱水抽出液の自然免疫活性 (2015)(未発表)                       
宮本、関水 東大 医学部付属病院 TE部 先端腎臓・再生医学講座 東大薬学部  
6.乾燥エゴマの葉由来熱水抽出液の癌細胞株増殖抑制効果 (2015)(未発表)   
宮本寛治 東大 医学部付属病院 TE部 先端腎臓・再生医学講座
7.Extract of perilla frutescens enriched for rosmarinic acid, a polyphenolic phytochemical,inhibits seasonal alleric rhinoconjunctivitis in humans.
Takano H et al. Exp Biol Med(Maywood).2004 Mar;229(3):247-54.
8.Potent anti-amyloidogenic and fibril-destabilizing effects of polyphenols in vitro;implications for the prevention anf terapeutics of Alzheimer’s disease.
Ono K et al. J Neurochem.2003 Oct;87(1):172-81.



お店の名前『博士のエゴマ』 代表 宮 本 寛 治 プロフィール (愛媛県伊予市中山町佐礼谷出身)

岡山大学医学部大学院博士課程 癌源研究施設腫瘍病理学専攻修了(医学博士)
首都大学東京教授 
理化学研究所中央研究所客員主幹研究員
長崎総合科学大学 大学院客員教授
東京大学医学部付属病院 TE部 先端腎臓・再生医学講座 研究員など歴任

趣味:読書、研究、山、川、海散策、果樹、野菜作りなどどれも中途半端だけど多趣味 えごま茶、えごまジュースを毎日飲んで健康と若さを保っている。
   
連絡先:メール:kanjimiyamoto@nifty.com 携帯電話 090-1685-2366 

住所 〒193-0932 東京都八王子緑町99−1  宮本寛治

主な取引先: 八王子市高尾山口観光案内所、東京銀座店 広島店 韓国料理「ボクデン」、大手の喫茶お茶店、さやま園(八王子市、お茶専門店)、野菜のお店、個人など。

イメージギャラリー
写真ギャラリーをもっと見る
ショップ名 博士のエゴマ®えごまはかせのえごま茶
ショップページ
おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!」店
https://tsuku2.jp/hakasenoegoma
サイト運営責任者 宮本 寛治
〒193-0932
東京都八王子市緑町99-1
【ご連絡先】kanjimiyamoto@nifty.com


販売事業者名 宮本 寛治
サイト運営担当者 宮本 寛治
商品代金以外の必要料金 送料・銀行振込手数料
注文の受け付け方法 ショッピングカートによるオンライン注文
商品代金のお支払い時期 【クレジットカード決済】:ご注文完了時 【銀行振り込み】:ご注文完了後
商品の引き渡し時期 入金確認後の発送になります。
返品・交換について 未開封品に限り5日間受け付けいたします。
資格・免許 特に無し
当店へのお問い合わせ ショップへお問い合わせ頂くにはツクツク!!にサインインして頂く必要がございます。